--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09/13
*Tue*

着物のルールに沿う事とは

category : おきもの
今年作った麻着物。
真夏日の9月に着ましたけど、何か?

(すみません、少々長文です)
昨日あたりから、東京はだいぶ涼しくなったけど、9月に入っても湿気が高い日が続き、閉口の毎日でした(=_=)
そんな中、この前の土曜日は晴れたので、ずっと天候不順で着れなかった、おニューの麻着物を下ろしました。

お仕立て上がって、ずっとずっと今週末こそ!とハンガーに吊るして、はや三週間、、、週末ごとに台風に直撃されて悔しいなあー。このまま着ないで仕舞うのは悲しいなあーと、9月だけど、その日は湿気も気温も真夏日。初旬だからこの際、貝殻柄でも麻でもいいでしょうと!初おろし♪

一緒にディナーしたお友達は着物のお仕事をしてるので、一応聞いてみたら、遊びにいくんだから全然問題なし!と(*^^*)
原宿の隅っこの隠れ家イタリアンで、美味しいご飯を堪能しました。





風は秋になっても、汗っかきの上、暑がりの私は、毎年10月ぐらいまで透けない夏着物や浴衣を着ています。昔に比べて確実に気候は亜熱帯化してる日本では、もう昔の着物での季節の素材決まりなど構ってられるか!と。部屋着だって3月から11月ぐらいまでタンクトップやTシャツ、ショーパンなので、体温が外人並みなのかもしれませんが(*Φ∀Φ)

※ここからは私の持ち論なので、あしからずです。何が良い悪いと白黒つけてるんじゃないのでそこんとこヨロシク※

着物は基本、楽しんで着るものと思っています。着ることで、わあ!この色合わせ楽しい!とか、綺麗に帯が高い位置で結べた!とか、衿が綺麗に抜けた!とか、この小物との合わせ技いいわーとか。些細なことですごく気分が上がるんです。
しかし、、古来からの着物の厳しいしきたりに沿うことが楽しいと思えるのならいいのですが、私の場合、子供の時のトラウマで、型にはめられたり、従わされるのが大嫌いな破天荒な性格なので、色々納得いかない着物の決まりに従わされ我慢して着させられたら、あー着物ってなんてめんどくさい、窮屈で嫌いと間違いなく思うに違いない。

フォーマルは手入れが大変だったりする上、足の骨格のせいなのか子供の頃から正座が出来ないので、お行儀よく堅苦しい席で着る機会を持つことがない(避けてるともいう)し、フォーマル着物はおばあちゃんの江戸小紋(それでもうるさい人たちはフォーマルじゃないと言われると思いますが、私にとっては一張羅)一枚どまりだし、殆どがリサイクル。帯は半幅や、名古屋なら角出しオンリーで、普通のお太鼓嫌いだし。

きっと私自身、上から押さえつけられるような着姿を求められたら、絶対着物が趣味とか、楽しいとは程遠い存在となるんだろうなあと着れば着るほど思えてきました。

ディナーを共にした友達もそうだけど、着物の世界で極めてる人達はすごくフレキシブルに今の着物事情を捉えてる。一番厳しくて厄介なのは中途半端な自称○○みたいな人、頑固な和の先生の元で習い事した人。

一度着物のグループで、浴衣は昼間来て良いものか?いやありえないでしょうなどと、ものすごい討論が交わされ、何をそこまで、、と馬鹿馬鹿しいやりとりを生暖かく見守っていたところ、着物ってのはこうなんですってばっっ!と主張するウザい人達は纏めて強制退出させられてましたっけ。こちらが唖然とするほど、彼らの押し付けは見苦しかったのです。

普段着であるならば、しきたりやルールをきちんと理解した上で、それ以上に着たい理由(暑いから!とか、この色合わせをどうしてもしたいから!とか、季節外れだけどこの着物が着たいとか、着物以外のこのアイテムを使いたいなど)が上回れば、よっぽどヘンテコな崩しをしなければ私はアリだと思ってます。
あくまで崩してる自覚があるかないかが大事なのかなあと。その代わり、自分なりに品は失いたくないので、着付けだけはだらしなくせず、きちんとしたいと心がけてるのはそういう理由があるからです。なので成人式の花魁などはうーむというギリギリの線(^^;;

プロならともかく、普段着を遊びで楽しんで着てることの何が悪い?残暑残る9月、暑いからって麻着ちゃいけないんですか?浴衣や夏着物ダメなんですか?おしゃれに着物を冒険することがいけないことなのかしら?

なのでオリンピックの着物姿の小池さんを非難してる着物業界の人達を見ると、同じく、ああ嘆かわしいと思うのです。

今ちまたでは、沢山の斬新な着姿で着物を楽しんでる人達が沢山います。それはそれで、きっと皆さん確固たるポリシーを心に秘めてるはず。
自身が同じように着たいかどうかは置いといて、楽しんでる人達に水差すのもどーかな?と思うし、それをルール外れだのワガママだの常識知らずだの着物文化を崩してるなどと一色単に色眼鏡で見るようなことは、たとえ自分がおばあちゃんになってもしたくないものです。嫌だったらスルーすればいいだけです。

さすがに、もし左前着てる人みたら、あらら、、と思いますが「私はあえて左前で着てるんです!わかってます!」っていうのなら、はあ、知ってるなら良いですけどと思います。だって迷惑被ってるわけでもありませんから。

伝統をひたすら守りたい着物の世界と、自由度高い着物の世界と別建で共存すれば平和でしょうに。

そういえば、イギリス人が、「アメリカ人がわたくしたちの美しい英語をぐちゃぐちゃに崩したのよっっ」と、嘆いてたことを思い出します。日本人からすると、通じればどっちでもよくね?と思ってたけど、特にイギリス人にとっては許し難い事実らしい。歴史が深い伝統あるイギリスとしては、歴史のないアメリカの奴らが自分達の言語を我が物顔に好き勝手に変えやがって!といいたかったみたい。アイデンティティがどちらでもない人間にとっては、どうでもいい話なんだけど、以前アメリカ人の友達がロンドンに住むことになった時、イギリス英語を真似して、イギリス人のふりをしないと差別受けると言っていました。気にする側に属するならば気を使わねばいけないんだなと思いました。これがもし、アメリカやカナダでなら、この人の英語はイギリスなまりなんだなぐらいにしか思われないのかなあと。

イギリスと日本は島国同士、いい意味でも悪い意味でも昔ながらのめんどくさい感覚は似てるのかもですね。それが古き良き時代の伝統を守る糧になってるとは思いますが、基本、どーでもいいことなのかなとも思います。守りたい人が着物信念を押し通すのは結構。でもそれを押し付けて、自分の中のルールに沿ってない人への、これ見よがしの非難はやめていただきたい。

まあ、規律云々のめんどくさいの嫌いなので、着物については、これからも適当に浮遊しながら、外野は気にせず好き勝手に楽しませてもらいます(^O^)

Copyright © Cozy Diary All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Profile

Tomoko

Author:Tomoko
のんびりが大好き。マイペースなB型です。
おいしい食べ物やネイル、コスメが好き。
楽しいことを沢山つづっていきます。
仕事はIT業界で、SEです。
地味に黒子のごとく、プロジェクト回してます。
愛眼K10Dで写真を撮るのが好きです。
写真をクリックすると大きくなります。
どうぞよろしくお願いします(^-^)

Now on my Instagram

These photos comes from my iPhone to Twitter and Facebook. My account is protected. You can follow me anytime. Follow back to you soon.

https://instagram.com/luluty26/

Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ Archives
 

New Post

Category

Twitter

Twitterやってます。日々のつぶやき。 遊びにきてね。

Link

食べログ

My reading history

Mail To me♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Reccomendation

☆体質改善の手助けになる みどりむし59フコイダン☆ 健康診断が楽しみ!


☆私の料理の必需品☆



☆ペットにも人間にも☆
オメガ3で免疫力UP。
ホルモンバランスにも働きかける万能食材



☆ヘルニアを直してくれた枕☆
深い眠りにつけます。


☆ぬめっとしたしっとり肌になる
マッサージソルト☆

Search

RSS

QR

QR

B-Promotion

Bling

Star Beauty

Trenders

女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。